笹短歌ドットコム投稿作
“魚虎”名義で笹短歌ドットコムに投稿させて頂いた作品群です
(※「念力短歌トレーニング」掲載のものは省いてあります)


【事件】2006年12月

「グリコ・森永事件」
 ふるさとの母より来たる便りには「菓子食わぬように」の一文ありけり

「ユーゴ紛争とサッカー」
 Tシャツに空爆止めよと書き記しロッカールームで背を向ける君

 渾身の力込めたるラストパス蹴りし先にも焼け跡の見ゆ


【バンド・ミュージシャン・歌手(アイドルグループ含む)】2007年01月

 君はまだ覚えていますか 放送室の隅のラックに眠るツェッペリン

「谷山浩子」
 三つ編みのあの子がいつも口ずさむ『カントリーガール』耳に残れる

「TMネットワーク・小室哲哉」
 あの頃誰が予想したろう 大分のスポンサー料払えぬ彼を


【色】2007年03月

 マグリットの画にある如き青空を切り抜かんとす美術室の窓

 桃色が似合うと云われし少女期の我は紺の水玉好めり

 右膝に紫陽花咲きて花柄のミニは箪笥の肥やしとなりぬ

 ヴェルディ星より来たるラモスの肉体に緑色の血脈々と流る

 グランパスレッドの赤を沢入の血で染めていしJ創生期
 (※沢入=沢入重雄)

 〈水色の10番〉いつしか〈赤鯱の10番〉としてフィールドに居り

 誠一郎と佑樹の父はユニフォーム上下で色を違えて着たり

 ライダーのマフラーの色知らぬ子がカラーテレビに焦がるる昭和


【春】2007年04月

 加茂川の水あざやかに映したる空一面に散る桜花

 葉桜になるより早く書き終えよ「春めきまして」で始めた手紙

 はつ潮は物憂きうねり伴いて少女に青き春の訪れ

 名鉄の赤い車輌に乗って行こう このホームから始まるシーズン

 唐突に『杉と檜のスパゲッティ』思いついてはクシャミ一つする

 久方の光のどけき公園でクラスメイトはシンナー吸えり


【都市伝説】2007年06月

 ジャンピングばばあが嘗て鮮やかにK点越えを記録した日々

 気がつけば「明日の犠牲者一覧」に加わっており深夜のニュース


【田舎・ふるさと】2007年07月

 戦死者の墓は迷路の中にあり祖父の戒名探す八月

 干き潮の岩場にありて束の間のアクアリウムとなる潮溜まり

 山田奉行跡に建ちたるスーパーのセールチラシは捨ててしまった


【地名】2007年09月

 何処までも歩いてゆくよ錆付いたヨコハマタイヤに笑われながら

 素弘がボール蹴り込む三ツ沢に〈とびまる〉らしき幻の見ゆ

 コソボという小さき点に熱でなく光あつめるルーペはないか

 その国を二駅のみで過ぎてゆくリエカへ向う途中の列車

 クロアチア・ザグレブと呼ばれしひとときを越えて今ありディナモ・ザグレブ


【漫画家】2007年10月

 自らのツヤベタのようでありました里中満智子の漆黒の髪


【SF】2007年11月

 果てしなく増え続けたるブラクラのひとつひとつが夏への扉

(世界の終末を佐藤佐太郎風に)
 レーザーの雨ふり注ぐひとときやシェルターの吾あらわになりぬ

(時間旅行者を夢野久作風に)
 三葉虫踏み潰したる靴跡はおれのものだと叫んでみたい


【湯・風呂・温泉】2007年12月

 やや縁の欠けた茶碗をとっておく目玉おやじの浴槽として

 頭(ず)の上にたわむ光の思い出は風呂で溺れたときの風景

 バスクリンの波をチャプチャプかき分けてゼンマイ仕掛けの船は漕ぎ出す

 移動手段なくした僕らの眼前で「湯〜とぴあ」の文字踊っていたり


【日本史上の人名】2008年06月

 この国を平定するの壱与(いよ)はまだ13になったばかりだけれど

 北条の家系図見ては呟きぬ どいつもこいつも時、時、時、時

 もはや皆忘れているか松平アナのかつてのご乱心など

 暗殺はあのときだけであったのに半次郎は人斬りと呼ばれて

 東条をTJと呼ぶ若者が戦地に赴く日がやがて来る


【水】2008年08月

(山名沢湖「夏休みが待ち遠しい」へのオマージュ)
 戯れに水中メガネをかけたれば何処(いずこ)も水底に見えて、かの夏

 夕暮れと夜との間(あわい)秘められし想いのごとき水銀燈ともる


【日本昔ばなし】2008年09月

「鶴の恩返し」
 絶対に覗かないでと我が妻が夜ごと機織りするコミケ前


【店屋・店名】2008年11月

 外されていた赤福の広告が駅中のそこここに戻りぬ

 念トレは買われるときを待ってますヴィレッジヴァンガードの片隅で

 仏壇屋めぐりに疲れて一軒の店でネーポン買い求めたり


【UMA(未確認生物)】2009年01月

 寂しさに耐える日々ですわが夫(つま)がオオアリクイに殺されてから

 逃げ出したスライム探す貼紙を街のどこかで見かけたような


【建物】2009年03月

 宇宙へと羽ばたくためのエネルギー蓄えし豊田スタジアムの屋根


【食べ物】2009年04月

 最後まで売れ残りたるつぼ焼きのさざえの底に溜る哀しみ

 ラーメンに浮かんだ油つなげつつキミの話を聞いていますよ


【ゲーム】2009年06月

 未だトラウマ癒えることなき私の額の傷に弟切草を

 今しがた倒したばかりの曙が仲間になりたそうに見ている


【海】2009年08月

 骨のないビニール傘がゆらゆらと波間ただよう海月のごとく

 今日もまたあの娘は岩場へ向かうのかイソギンチャクと戯れたくて

 居酒屋で海鞘(ほや)を肴に呑みながら心臓移植の話はよせよ

 物言わぬ海鼠の口を切り裂いてしまう刃を誰もが持てり


【猫】2009年09月

 今われは闖入者らし猫たちがこちら見つむる駅裏の道

 三日前退職決めたる同僚がしまい忘れしダヤンのカップ

【人形・ぬいぐるみ(着ぐるみも可)】2009年11月

 螺旋(ねじ)巻けば少女ふたたび歌いだす『私は夢見るシャンソン人形』

【石】2009年11月

 隕石が落ちてきたって僕らには片手で止める楢崎がいる

 三畳紀中期ごろからやり直せアンモナイトの化石とともに

【一(1)】2010年01月

 『週刊バベル』ふろくの塔の完成の一歩手前で廃刊となる

 J1に昇格するより難しい友達からの彼氏昇格

【アニメ】2010年03月

「魔法のプリンセス ミンキーモモ」
 事故現場にミンキーステッキ供えてもあの娘はもう大人にはなれない

「電脳コイル」
 触れられるものが全てじゃないのだとデンスケあなたが教えてくれた

「ドラゴンボールZ」
 延長の末のPK戦を経てスーパーサイヤ人と化す楢崎

【神】2010年04月

 闘莉王を跪かせるためだけに靴紐ほどく蹴球の神

 片手で弾(はじ)く守護神(キーパー)に頼るほかなし残り3分

 神待ちの少女がむなしく曳くキャリーバッグを濡らし春雨の降る

【UFO・宇宙人】2010年05月

 UFOを目撃したる驚きのポーズで固まりしままの案山子

 継父の怒号ひびかう食卓でアンドロメダへ思いを馳せる

【電話】2010年07月

 似ているかどうか以前の物真似が着ボイスとなりてやがて梅雨明け

 声色を整えていざ電話機の前に立ちたりズル休みの朝

 たくさんの別れ話を聞いただろう純喫茶リオのピンク電話も

 回線の復旧すれど爆音に途切れし声の主は戻らず

【虫】2010年09月

 蚊遣り豚ぽっかりと口開けにけり冥土へ誘う煙吐きつつ

 床の上で仰向けに死んでいる飛蝗ゆうべにがしてやればよかった

 樹海にて死にたる人の眼(まなこ)より雫のごとき蛆こぼれ落つ

【部活動】2010年11月

 いいことが少し続いたくらいではまだネガティ部を退部できない

 巨人軍のテーマばかりを奏でたるブラスバンドの夏は短し

 出し抜けに目の覚めるような自殺点決めてしまえるお前が憎い

 グランドの土持ち帰る球児らのごとく駒場の芝持ち帰る

【鏡】2011年01月

 空想のボール投げれば向こうから投げ返すもうひとりのわたし

 バックミラー越しの老婆を見ないふりなどできなくて夜の高速

 襟立てて鏡の前で偽者のカントナになるためのユニフォーム

 君を待つあいだに漏らしたため息が冬の双眼鏡(オペラグラス)を曇らす

【花】2011年03月

 夕顔の花の蕾のひらくごと魔法少女は魔女となりたり

 お使いにゆく子狐の足元を蛍袋よ照らしておくれ

 置き去りにされし真昼のバス停の錆びたベンチの下にたんぽぽ

 一面にヤナギラン咲くこの場所で君が帰る日を待っている

【枕詞】2011年09月

 風の音に耳すましつつ射干玉の夜は無慈悲に過ぎてゆくなり

 テクニカルエリアに佇てり千早振る神ならぬ身のストイコビッチ

 あられふる鹿島スタにて連敗を止めて迎えし朝ぼらけかな

【楽器】2011年5月

 マヌーシュは過去を持たない弔いの花に塗(まみ)れてギター燃やさる

 幼子がメッタ打ちする出鱈目のキャンキョンカリキョレおもちゃのピアノ

 風のごとき乾いた音の出るばかり桟橋でマウスピースを吹けば



BACK




女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス