ベビーパウダーの缶と風水との奇妙な関係



 子供というものは、よく、大人から見れば理由の判らないものを恐がったり、面白がったりする
ものだが、私の場合は特にわけが判らなかった。私が幼少期恐かったもの、それはなんとベビーパ
ウダーの缶だったのだ。
 その缶は蓋に『LION BABY POWDER』という紺色の文字と赤ちゃんのイラストが
描かれており、側面も同じく紺色の文字が、(但し今度は『ライオン・ベビーパウダー』と片仮
名で)入っているというだけの何の変哲もない代物だった。既に中身(ベビーパウダー)は無く、
母が針差しを入れるのに使っていたと記憶している。
 当時の恐怖を他人に判るように説明する事は難しい。しかし、夢にまで現れたくらいだから、余
程恐かったのだろう。なぜか夢の中にでてくる缶は、近付くと唸ったり吠えたり(!)した。何ゆ
えに私はそんなものを恐がっていたのか…?長い間この事は謎のままだった。しかし最近、風水関
連の本を読んでいて、解明に繋がるヒントを見つけた。
 風水学的に見ると、青字というのは縁起の悪いものらしい。看板等で店名や会社名を青字にする
と『冷えて』しまうので、ライトをあてるなどして『暖める』必要がある、そうな。なるほど、子
供の頃、名前を青字で書くと早死にするとか不吉だとか言っていたのは、あながち嘘でも無かった
のか。
 これが本当だとすれば、幼少期の私は『紺』という色彩の持つ、不吉なイメージを感じ取ってい
たのだろう、と考えることができる。(もっとも、この場合は蓋に書いてあったのが“幼い私には
解読不能な”英語であった、という部分も大きいだろうけれど…。)少なくとも、あの缶の文字に
使用されていたのが、紺でなくピンクなどの柔らかい色であれば、あんなに恐がるような事は無かっ
たに違いない、そう思えるのだ。
 ところで以前、M大学と短大部の看板が黒字から青字に変わった…途端に学科が幾つか減ったの
だが、関係あるのだろうか。うーん…おそるべし、青字。


BACK

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス